初めて劇場公演へ行って岡田奈々ちゃんに恋して帰ってきた話

f:id:hs1b:20170624124757j:plain

めちゃめちゃ良かった。本当に本当に感動した。あれなら毎日でも2倍3倍払ってでも観たい。と思った。


アイドルの入口が乃木坂なので、コールはおろか曲も全然知らないし、事前に予習していく時間も無く(当選連絡が前日だから)、

でも目当てのメンバーはちゃんといた。

岡田奈々ちゃん、

村山彩希ちゃん、

千葉恵里ちゃん。


当日。部活を休んで電車に乗って秋葉原で降りて、ちょっと迷って、ごみごみしたドンキホーテの中を抜け、劇場についてチケットを買って、緊張しながら一人開演を待ち。影アナはえりいちゃん。


幕が上がった瞬間、みんな後ろを向いてたんだけど、髪の毛が短いからなあちゃんをすぐ見つけられた。0ズレ。すごい。どきどきする。

振り向いてイントロがかかって、なんでか分からないけれどもうわたしはその時点でだめだった。

正直今までアイドルを観て急に涙がふわあっと、っていう感覚がよくわからなかったんだけど。目の奥が溶けて濡れるような気がして、気づいたらぼろぼろ涙が出てきて、目を開いても開いても落ちてきて、自分でも可笑しかった。


初めて見る画面越しじゃないなあちゃんは、想像よりずーっとずっと可愛い人だった。表情が豊かで、明るく綺麗で、でも切なかったり挑戦的だったりもして、一瞬一瞬がきらきらしてた。神様みたいだった。本当に神様だった。4曲の間ずっと涙が止まらなかった。

特に重力シンパシーと私たちのreasonがすごくすきになった!

重力シンパシーはとにかくメロディーが良い。いきなり1曲目がこれで、なあちゃんが目の前にいて、笑ったりウィンクしたり、そりゃもう多幸感と切なさでどうにかなっちゃうでしょ。

なあちゃんの私たちのreasonはなぜっすーきになーったの?のとこが超可愛いの。振り付けうろ覚えだけど、首を傾げるところでにこにこしたりウィンクしたり唇尖らせてみたり、めちゃくちゃアイドルで乙女だった…!すごい。

普通男役(?)に置かれがちな子ってかわいいパフォーマンスに照れがあったり全力でやったとしても面白い感じになっちゃうことが多いけど、本当に全部かわいさが振り切れてて、すごかった…!

でね、オタクを見るときにちょっと優しく目を細める感じが、なんというか、単に、超抱かれたかった。この日の女性席9人中7人(私を除く)がなあちゃん推しだったのもいやわかるわ〜って笑っちゃった。


一回目のMCに入ってようやく涙が止まって、そこからのユニットも楽しかった!

コップの中の木漏れ日、衣装が可愛い。

ゆいりーちゃんセンターだったんだけど、白い長いワンピースにもこもこのベストみたいなの着てて天使みたいだった。なあちゃんは真っ白でぴったりした長袖のワンピース。あのワンピースデザインが可愛い。一部分だけふわふわしててね。赤いリップかわいかった〜。ダンスは結構忙しいのにかわいさとか爽やかさに一切手を抜いてないの、すごい。必死感出さないのすごい。


そのあとのオフショアガールは本家推しからしたらどういう風に見ればいいのかよくわからなかったです。夢でキスミーはヲタ芸してるアイドルに微妙な気持ちになりました。でもなあちゃんのショートパンツはめちゃめちゃオンナノコでかわいかったし、浮き出た脚の筋肉がとても綺麗だったので良かったです。(作文)

口移しのチョコレートは興味のあるメンバーが誰もいなかったんだけどなぜか引き込まれた。鏡に向かってくねくね踊るのわたしがアイドルだったら恥ずかしすぎる。多分。

それからおしべとめしべと夜の蝶々、えりいちゃんのウエストほっっそい!小嶋菜月さんの色気たっぷりのパフォーマンスに比べてえりいちゃんは歌詞の意味も全く理解してない感じで、ふふってなったけどそれが逆に危うさを醸し出していた気もする。

あ〜あと記憶のジレンマはひーわたんがとにかく可愛かった。

意地悪そうな子だなあって思ってたんだけど(小柄で顔がかわいい子を見るとすぐ性格悪そうって思っちゃうのやめたい)、集合写真のときオフショア隊の子にこっちおいでよって話しかけてあげてたりMCのとき手上げてる子にいち早く気づいて話振ろうとしてあげてたりお見送りのときちょっとしゃがんでオタクと同じ目線に立ってくれてたり、好感度が超高かったです。レスの仕方あざと可愛かった。


MCを挟んで不器用太陽、夏の前、make noise。夏の前が何故かすっごく好きだった!みんな楽しそうなんだけど、どこか切ない。特になあちゃんの表現力がすごくて、揺らすとなにか零れちゃいそうな感じさえした。スポットライトに酔いそうなくらいの幸せだった。

あとmake noiseも熱量と眼力に見とれちゃった。バン!とかダン!のとこのキメ顔が超凛々しくて美しくて熱くて最高だった。めちゃめちゃしなやかに、かつしれっとキレキレに踊ってるの、誰?と思ったら彩希ちゃんでびっくり。


MCでゆいりーちゃんが不器用太陽をとばして「夏の前、make…」って言ったとき「1曲飛ばしてる!」って人差し指を立ててゆいりちゃんの顔覗き込んであわあわしてたなあちゃんかわいい。


本当に、始まった瞬間から、なあちゃんが出てる曲はなあちゃんにしか目が行かなかった。どこにいても何故か光って見えるんだもん、ときめいて楽しくてむずむずして困った。むり、すき、うわーんってなった。ゆいりちゃんもえりいちゃんも見る暇がなかったくらい。


君のために僕は…、みんな真剣でキザでイケメンで超よかったなあ。“君のために僕は死ねる”って歌う岡田奈々さん、最高か。歌詞に気持ちを乗せて歌うアイドル大好き。


アンコールは十年桜、大人列車、混ざり合うもの、風は吹いているの4曲。の後願い事の持ち腐れも。


十年桜、これは前から知ってた曲で、メジャー感がすごくてやっぱりすごい曲だなぁと思った(?)。最初の方はにこにこしてるのにサビになると急にキリッとした表情作るのなんなの。すごい。あとゆいりちゃんと顔見合わせるなあちゃんがめちゃめちゃ犬みたいで良かった。大人列車はあんまり覚えてないけどゆいりちゃんがポニーテール揺らして楽しそうだった。多分ゆいりちゃん好きでしょこの曲。青春っぽさが凄かった。MCで誰かが「自分の学校生活に出てきてほしい感じ」って言ってたけどめちゃめちゃわかる〜!

混ざり合うもの、前から馴染みがあって大好きで、セットリストしらべて今日聴けるんだ〜って楽しみにしてて、これも超よかった。なあちゃんは柱に隠れて見えたり見えなかったりだったんだけど前髪に隠れた目が妖しく綺麗で何回でもどきどきしました。

風は吹いている、タイトルはピンと来なかったけど曲聴いてるうちにああ!って思い出した。この曲か。懐かしい!だってわたしが小4のときとかの曲だもん。いいなあ〜ほんとにいいなあAKB。こんな距離感でこんな良いもの観ちゃったらもう今後何を楽しめるんだろうってくらい。また0ズレに来てくれたなあちゃんを観ながら、祈るみたいな気持ちで好きだと思った。

願い事の持ち腐れ、なあちゃんがみーおんとのダブルセンターで、王子様感がすごかった。

f:id:hs1b:20170624124727j:plain

これね!

途中、迷子の子供みたいな表情をしてて、どきどきした。かっこいいのにかわいくて力強いのに儚いのずるい。

終演後ゆいりちゃんの首の汗をなあちゃんが拭ってあげてたのきゅんとしました。あ〜どうもどうもってなんてこと無さそうにしてたゆいりちゃん。


手振ったらなあちゃん振り返してくれたよ!すごい!距離感おかしい!!


で最後のお見送り会!ここで事件は起きた。(?)

えりいちゃんにshowroom観てます〜って言ったらおっ!ありがとう〜〜って返してもらえて、あとひーわたんに「制服や〜お疲れ〜〜」って言ってもらえて(ここでお疲れって言葉が出てくるのめっちゃ好き)、で、心臓が破けそうなくらいどきどきしながらなあちゃんの前に進んでいったら、

「あ!ねえめっちゃ目合ってたよね!泣いてたよね!泣かないでね!」って( °_° )( °_° )( °_° )

み、見えてた〜〜〜!

豆粒みたいな乃木坂ばっかり観てきてるので目が合うって感覚がいまいちよく分からなくて、こっちからこんなに大きく見えるってことは向こうからも見えてるのかな?って思ったりはしたけど、そんな目が合ったなんて全然確信が持てなかった。泣かないでね!って優しい。お姉ちゃんだ。好きになっちゃう(もうなってるけど)。めちゃめちゃ嬉しくて恥ずかしくてその後のメンバー(彩希ちゃん含む)を小走りで駆け抜けてしまった(盛大にやらかした)。


嬉しくてふわふわして、夜の秋葉原を歌いだしたいような気分で走りました。

は〜ほんとにアイドルはすごい。キラキラで、ギラギラで、非日常めいて。家に帰って夜ご飯を食べながらまだ心臓がどきどきうるさかった。

わたしはパフォーマンスが観たいんだと思った。好きなアイドルは立ってるだけで好きだけど、でも歌って踊っている好きなアイドルはもっともっと好きでしょ?


でも逆にだからこそ乃木坂が売れるのかなあって思った。だって劇場公演、18:30~じゃ行けない人多そうだもん。休日にまとまった時間をとってたくさんの曲数ライブしてくれる方が行きやすいもんね。


ということで初めての劇場公演でした。私を東京に住む女子高生に産んでくれてお母さんマジサンキュー。あと座って観られてとても楽だった。コール野太くてビクッとしたし笑いそうになった、誰が考えたんだろあれ。

次はうちわとかサイリウム持ってく!いつ当たるかな〜。